コラーゲンには効果がないって言われているけど実際どうなの?

コラーゲンは飲んでも意味がない?

「コラーゲンは経口摂取しても意味がない!」という話をよく聞きますが、その答えはNOです。低分子コラーゲンペプチドという分子が小さくされたコラーゲンを長期摂取した結果について、さまざまな研究が行われています。

コラーゲンの分子が大きいとうまく働かない

ちょっと難しい話になりますが、コラーゲンはたんぱく質で、口から摂取するとアミノ酸として吸収されます。

 

しかし、このアミノ酸がすべてコラーゲンをサポートできるわけではありません。

 

コラーゲンはもともと分子が大きく、食品に含まれているものは高分子といって吸収・分解に時間がかかります。
そのため、ドリンクやサプリでは吸収・分解されやすい低分子コラーゲンペプチドという分子を小さくしたものが使用されています。

 

【コラーゲンの分子量比較】

食品に含まれるコラーゲン 動物性コラーゲン(豚肉や鶏皮など):30~40万

海洋性コラーゲン(フカヒレなど):10万

低分子コラーゲン 500~1,000

 

コラーゲンと相性の良い成分を一緒に摂ろう

コラーゲンの働きをより効率良くしてくれるのが「ヒドロキシプロリン」というペプチド。ヒドロキシプロリンはコラーゲンにしかない特殊なアミノ酸で、コラーゲンをサポートする重要な成分です。

 

もう一つ重要なのが「ビタミンC」。
ビタミンCは、コラーゲンをサポートする働きがあるため、一緒に摂取することで効率良くコラーゲンの美容パワーを導き出すことができます。

ヒドロキシプロリンとビタミンCが含まれているコラーゲン

森永 おいしいコラーゲンドリンク

 

コラーゲンを飲んでも意味がないと言われているのは、普段の食品から摂るコラーゲンをいくら摂っても意味がないという理由からでしょう。
確かに高分子のコラーゲンをいくら摂ってもメリットはありませんが、きちんと低分子化されたものを長期間摂取すれば美容と健康をサポートします。

 

もちろん当サイトに掲載している商品はすべて低分子コラーゲンペプチド、またはそれよりも小さいアミノ酸を原材料にしているものですので参考にしてくださいね。

 

 

比較ランキング

ドリンク部門ランキングへ
サプリメント部門ランキングへ

粉末(パウダー)部門ランキングへ
ゼリー部門ランキングへ

総合ランキングへ


ドリンク部門 サプリ部門 パウダー部門 口コミまとめ コラーゲンの知識