コラーゲンとヒアルロン酸の効果の違いについて

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとは?

美容成分の代表格である「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」。それぞれの特徴や効果、役割について解説しています。
どちらを取るのが肌にとって良いのでしょうか?

コラーゲンとヒアルロン酸は真皮の層にある

肌は表面側である表皮とその奥の真皮に分かれ、コラーゲンとヒアルロン酸は真皮の部分にあります。

 

表皮は肌を外部刺激から守ったり、水分が蒸発しないように保持する役割をしています。
反対に真皮は肌のハリや弾力を保っている部分で、この真皮のコラーゲンやヒアルロン酸が減少したり、変形してしまうとたるみやシワが引き起こされます。

 

このコラーゲンやヒアルロン酸は加齢によって減少していくため、この真皮にある成分を増やして活発にすることでたるみやシワの改善が期待できます。

それぞれの成分の役割

コラーゲン

肌の弾力を保つ働きを持っています。真皮の約70%を占め、丈夫なたんぱく質からできた繊維が真皮の中で網目状に張り巡っています。
肌のハリをキープするエイジングケアには欠かせない成分です。。
化粧品に配合されていますが、残念ながら表面から塗っても真皮までは吸収されません。

 

ヒアルロン酸

肌の水分を蓄える働きを持ちます。
コラーゲンやエラスチンの隙間を埋めるゼリー状の成分で、真皮の構造を安定させています。水分保持力が高いため、保湿効果成分として有名です。

 

【真皮にある成分】
真皮の層にある成分

 

上記の絵のようにコラーゲンを繋ぎ合わせているのが、エラスチンというものです。そして、このコラーゲンとエラスチンの間を埋めているのがゼリー状のヒアルロン酸。
肌のハリや弾力を取り戻すには、これら3つすべての成分を増やすことが必要になってきます。

コラーゲンペプチドを経口摂取することで真皮の成分を増やすことができる

40代主婦

コラーゲンドリンクやサプリに配合されているコラーゲンペプチドを摂取すると、繊維芽細胞とヒアルロン酸が増えることが分かっています。

繊維芽細胞にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促す働きがあるのです。

 

つまり、コラーゲンペプチドを摂取することで、コラーゲンの材料となる繊維芽細胞が増加し、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといった肌のハリに欠かせない成分も増えるということです。
特にコラーゲンは化粧品から摂取しても、真皮の部分まで届かないため経口摂取する方が効果が期待できるのです。

 

このことから飲むコラーゲン商品を選ぶ際は、低分子化されたコラーゲンペプチド配合のものを選ぶようにしましょう。

比較ランキング

ドリンク部門ランキングへ
サプリメント部門ランキングへ

粉末(パウダー)部門ランキングへ
ゼリー部門ランキングへ

総合ランキングへ


ドリンク部門 サプリ部門 パウダー部門 口コミまとめ コラーゲンの知識